ドローン(タイニーフープ)飛ばし場:湘南台アームズ

事務所以外で初めてまともに飛ばした飛ばし場。冷暖房完備。奥行きがそこそこあるのでタイニーだったらフルスロットル可。
既存のラジコンサーキット(ご主人がこれまたユニーク)に主催の宮原さんがゲート等を設営してくださる。感謝の意味も込めてぜひ1,000円 –からのお布施をしてあげてほしい。 費用は時間分を終了後に払う感じ。ドローンが飛ばせる1階側の料金は1hあたり400円。格安ヤバイ。2階はMINI-Z用かな。
あと、ドリフトラジコンサーキットなのでラジコンのお客さんと一緒に走ることもある。ドリドリしてるラジコンを後ろから追っかけると超楽しい。くれぐれもラジコンの邪魔をしないようにしたい。

大人も子どももラジコンに熱中できる「ARMS」

マイクロドローン 、0802モーター交換後にアーム後に特定のモーターが回らない問題

前回、モーターを0802に交換した時にうまく動かない時の解決策を書いた。その後、アームしても特定のモーターが回ってくれない問題に「時々」遭遇。ややこしいのは毎回ではなく時々ということ。飛ぶ時は普通に飛ぶし、アームをしなおすと回ったりするのでとりあえずは放置してた。
ただ先日、室内・空調完備・コースレイアウトという素晴らしい環境で飛ばせる機会があったものの、クラッシュ後に上記問題に遭うことがあり、スムーズに復帰できないことがそこそこストレスだったので帰ってきて色々と原因を探ってみた。

まず疑ったのはFC、ESCの問題。Betaflightに繋ぎつつ、バッテリーも繋いでモーターをBetaflightから手動で回してみる。すると普通に回る。ということでFC、ESCの問題ではない。その後、出力を調整しながらモーターもチェックしモーター不良でもないことを確認。

理由がわからないのでとりあえずESCのキャリブレーションを試してみる。直後にアームするとスムーズに回るものの、何回か試すと再発。

ここでふと、アーム後に回らないのだから、初期スタート時のパワーが足りてないのかも?と思いたち、BLHELI Configuratorに接続して設定を確認してみる。(バッテリー繋がないと設定をロードできないからご注意)
案の定、startup powerが 0.5 になってる。こんな設定にした覚えはないのだが、とりあえずは 1.0 に設定してWrite Setup、アームテスト。無事に回ることを確認。

それにしても、まだほとんど勘が働かないから原因切り分けに時間がかかる。何か問題が起きてそうなときはエラーログでも残しておいてくれたらいいのに。(ってもしかしたらすでにある?

ベリー ベスト オブ 死ぬかと思った

40年ちょい生きていると、何度か命の危険に出くわすことがある。
たとえば、

  • 台風の日に出歩いていたら、アーケードの屋根が数m先に落ちた。
    (数秒早く歩いていたら直撃)
  • 居眠り運転をして、雪上で急ハンドルを切ってしまい、1回転してトラックとすれ違った。
    (スリップしなければトラックと正面衝突)
  • 友人宅の帰り道、運転していたら対向車線を走っていたミニバンがカーブでスピードを出し過ぎで曲がりきれず横転して目の前をすり抜けていった。
    (タイミングが悪ければ激突)
  • 早朝から遠地出張があったため、徹夜で仕事してたら4時頃隣人宅でストーブに洗濯物が落ちたらしく小火になった。
    (出張かつ徹夜してなかったら煙に気づかなくて小火じゃ済まなかった)
  • すき焼き屋の女将が、コンロと鍋の間に予備のガスコンロを挟んだまま部屋に持ってきて、そのまま火をつけたが、おれが気づいてすぐに止めた。
    (そのままにしてたら爆発)

運がいいのか悪いのか、下手したら死んでた、みたいなことが何度かあって、しかしそれでも死の匂いまでは嗅ぐことはなかった。

だけど、死神は突然目の前に現れた。

ちょっと前に長女の塾のお迎えの帰りに、娘がハンバーグを食べたいということだったので、あまり行かないハンバーグ屋さんに入った。
昼を抜いたこともあって腹が減っていたので、サーロインステーキ500gを注文した。塾の様子など雑談をしながら幸せな時間を過ごしていたら、ほどなくして料理が運ばれてきた。
「こんな大きなお肉食べれるの〜」
「ははっ、パパを舐めるなよ」
というやり取りがあって、割りと大きめに切った肉をほおばり、どんなもんだと肉を噛み締めていた。
最初は赤身肉の部分だったのでそこそこ噛めば飲み込めた。
次に脂身部分を含む辺りを切って口に運んだ、その数秒後に違和感が走った。

スジだ。スジが入っている。

いつもと違う店に入ったことも災いした。いつもの店ならスジきりがされていてこんなに噛めないことはない。一度口から出して再度切るか。いや、それは汚らしい。かと言ってこれは噛み続けたら切れる、というものでもなさそうだ。そうするうち、少しだけ飲み込めそうな気配がしてきた。行くか。とりあえず軽く飲み込んでみた。お、入っていった。と、その時。明らかに喉の途中で止まった感じがした。やっぱりか。慌てない慌てない。落ち着いて吐き出すんだ。カッと、喉を鳴らして追い出そうとしてみる。ビクともしない。これは、マズイやつだ。心臓がバクンバクン鳴り出した。飲み込むか、出すか。でも出ない。飲み込もうとしてみる。全く動く気配がない。ヤバイ!これは詰まってる!間違いなく詰まってる!おいおいおいおい!これ死ぬやつじゃないか!あれ!呼吸ができない!いかん!水だ!水を流し込むんだ!ゴクゴクゴクゴ、あ、やっば入っていかない!これは!ヤバイ!死ぬ!誰かに背中を叩いてもらうしか!厨房だ!走れ!いた!ちょ、叩いて!そんな顔してる場合じゃないって!声が出ない!声にならない!死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ!うおおおおおおがはあッッッッ!

で、出た、、、

ということで、水を流しこんだ時の残りが体を動かしたことでおそらく気道に入ったために反射が起こり、詰まっていた肉を吐き出せた、ということみたいだった。

今思い返してもゾッとする。もし水を口に入れなかったら。もしその水が口内に残ってなかったら。もし気道に入らなかったら。もし反射が起こらなかったら。

僕はここにいなかったかもしれない。